社長挨拶

from the ceo

トラストワンは平成19年2月に創業しました。
当初は内装工事の下請けとして、店舗の什器の製作・販売事業を行っていました。そこから10年、現在は受注・デザインから実際の工事まで内装全体のプロデュースを行っています。

皆さんは建築業界に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。古臭かったり、地味だったりといった印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。実際、建築業界は何十年も前から、ずっと変わらないスタイルで動います。「そんな業界を変えたい、新しいスタイルを生み出したい」という思いから、現在ITを駆使した新たなプロジェクトを推進しています。IT業界のノウハウを持ち込むことで、今までは日本に限られていた商圏を世界に広げたり、今までの業界にはなかった新しい可能性がいくつも生み出せるはずなのです。ITを駆使することで建築業界はまだまだ面白くなる、そんな可能性を私は信じています。

そんな新たな可能性を創造するためにも、当社では自己主張ができる人を求めています。今の建築業界の知識に染まらない若い発想こそが必要だと思っています。「こんなことがやってみたい」という夢や理想があっても、「会社の方針と違うんじゃないか」「会社の事業内容と被らないんじゃないか」と思ってしまって言い出せないかもしれません。けれどそこを主張してもらいたい、若い発想をたくさん出してもらいたいのです。たとえ今の当社の業務と少し違っていても、そこから波及し広がっていく可能性があります。そこから生まれる化学変化こそが必要であると私は考えています。 トラストワンは社員それぞれの夢を汲み取って、プロジェクトとして実現できるような会社でありたいと思っています。会社の歯車になるのではなく、主軸のモーターになってほしい、なろうという意欲を持った夢のある人と一緒に働きたい。たくさんのアイディアから、様々な化学変化を起こし、今まで世の中になかったものを作り出せる企業になりたいと考えています。

概要・求める人物像

私たちは、経験よりもポテンシャル(潜在的な能力、可能性)を高く評価します。

採用情報

応募ページはこちら

recruit
TOPへ